ネットで稼ぐおススメ教材

注目の情報

 \ 何もしなくても、AIにごっそり稼いで貰う!!

ビックウエーブプログラム~AI収益化プログラム
AIを収益化していき、継続的な収入に繋げていく方法を公開。

これまでのAIビジネス異なるのは、

”AIそのものにお金を稼いでもらう”
と言うビジネスモデル

公式サイトはこちら
レビューを見る

CAB(上野俊介)コンセッションアプリケーションビジネスについて

管理人のつぶやき

上野俊介コンセッションアプリケーションビジネス(CAB)評価・レビュー

コンセッションアプリケーションビジネスとは?

どうも~

管理人のMARUです。

さて、今回レビューを書くのは、巷で評判の高い
CAB Consessione Application Business」

と言うもの。

CAB コンセッションアプリケーションビジネス

グーグルドキュメントを使って、
年間7000円~8000円を受け取れる
「権利収入」を幾つも独占していく方法。

スマホ1台で実践が可能

 

何でしょうね~
アドモールって、やたら横文字が好きな販売者多いですね。

まぁ、それはさておき、
CABが一体どんな内容のビジネスなのかを解説していきます。

「権利収入」を幾つも独占出来る?


著者:上野俊介

内容を要約すると、

グーグルドキュメントを使って、
年間7000円~8000円を受け取れる「権利収入」を幾つも独占していく

しかも、スマホ1台で実践が可能との事。

さらに、

文字、プログラムの作成入力などは一切不要。

特定のフアイルを申請して、複数の権利収入を得て行く
というもの。

1日1件申請でも、
年間では役250万前後の権利収入が発生するとの事。

申請名義人の死後70年に渡って権利が有効

得られる権利収入に関しては「知的財産」として扱われ、
申請者の死後70年に渡り権利が有効との事。

また、権利を子孫が引き継ぐにあたり、相続税等の課税は無いとの事。

スマホ1台で行える「文章」「音楽」「写真」とも異なる「権利収入」の申請

利権は、申請者(権利者)の一生にわたって有効な権利収入の対象となります。

この事実は、法人団体の規定だけでなく、
日本の法律によっても保護されている知的財産権となります。

つまり、権利を持つ人が一度申請を行うと、その権利は彼らの生涯にわたって有効であり、
それによって彼らは利権を得ることができます。

1回分の権利申請で得られる所得(収入)は、30~40代の年齢から80~90歳までの50年間で、以下のようになります。

7,000~8,000円/年(1つのドキュメントファイルに伴う権利所得)× 50年分
= 約35万~40万円

さらに、この知的財産権には「相続」の対象となる仕組みがありますので、
著者が亡くなってから70年間はこの権利が守られるとの事。

この期間も含めると、実際に受け取れる権利所得の総額は以下のようになります。

生前分推定:7,000~8,000円/年 × 50年分 = 約35万~40万円
+ 相続分推定:7,000~8,000円/年 × 70年分 = 約50万~55万円

合計(生前分+相続分の権利所得の推定)約85~95万円

上記はおおよその目安だと思いますので、
必ずしも上記と同じ金額を受け取れるとは限らないと思います。

ポイントは、日本の法律で「権利収入」が守られている事

一見すると、何となく複雑なプロセスのように思われますが、この類の物は、申請内容さえも正しければ権利収入を受け取っていけます。

先ず第一に、この権利収入自体が法律で守られている事。
と、相続の対象になること。

ちなみに、あまり知られてはいませんが、

・著作隣接権

と言うものがあり、よく知られれている著作権法と同じような類のもの。

法律で保護されえいるのて、申請内容さえ正しければ良いのです訳です

しかも、このノウハウは「文章」の入力や、プログラミング、は一切必要ありません。

権利収入と言う類ものなので、
しっかりと、正しい情報と共に申請を行えば受け取れるお金になります、

ビジネスと捉えるよりは、知っていたらちょっと有利なものかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました