管理人お勧めのタイムゾーンブレイクアウトはこれ

「ブレイクアウトの必勝パターン」

の1つとして、

ロンドンタイム以降を狙った「タイムゾーンブレイクアウト」という手法があります。

 

この方法はその日の安値・高値を基準にし、

ブレイクした方向にエントリーしていくという手法です

 

決めてとなるものは東京時間安値・最高値がレンジ幅となり

一定の幅を抜けることでブレイクと判断すます。

 

 

この俗に言う「タイムゾーンブレイクアウト」の利点とは、

その日の安値と高値がレンジ幅となるので

ブレイクのタイミング(初速)を捉えやすいという特徴があります。

 

通常、一般的なブレイクの場合、指標などの影響により突発的に起こることが多く、

時には予想も付かない動きをすることがあります。

 

このタイムゾーンブレイクアウトの場合、

多くのトレーダー達が着目している部分も大きい為、

ブレイクが発生すると、一方に動き続ける場合が多く

初心者でも比較的真似しやすい鉄板テクニックの1つでもあります。

 

タイムゾーンブレイクアウトのコツとは?

前述した様に、タイムゾーンブレイクアウトとは

東京時間の安値と高値がレンジ幅となり、

ブレイクした方向に向かってエントリーするのみ

 

仕組み自体を理解していれば、誰でも真似出来るシンプルな手法です。

正し、通貨ペアによっては一旦ブレイクが起こった後、

再び反転することも珍しく有りません。

ダマシも多いのがこのタイムゾーンブレイクアウトの特徴です

 

ダマシを見破るには、やはり抵抗ラインの見極めが重要です。

メインである東京時間安値・高値以外にも、その他の抵抗ラインを事前に確認する必要があります。

100%では無いにしろ、相場は抵抗付近で反発を繰り返す場合があるので

タイムゾーンブレイクアウトに限らず、常に抵抗ラインを意識することは利食いの鍵にもなります。

 

また、タイムゾーンブレイクアウトには

”ブレイクが最も発生しやすい条件”

があります。

 

タイムゾーンブレイクアウトとは言わばレンジブレイクを狙う手法です。

レンジの幅が小さい程、ブレイクの勢いも大きくなる場合が高い傾向にあります。

50万を1億にしたブレイクアウトテクニックとは?