FXスキャルマスター!超短期デイトレード手法

著者: 中村 恭悠

販売ページ http://www.scalfx.com/

 

【スキャルマスター概要】

序章
はじめに
 
第1章(テクニカルの組み込み等を図解で解説)
チャートのセッティング
 
第2章(トレンドについて知っておきたい内容を図解)
トレンドの基本
持合いについて
 
第3章(当手法で使用するテクニカルの利用方法を図解)
○○の見方
○○の見方
○○の見方
○○の見方
 
第4章(3種類あるエントリーポイントを図解)
エントリーーパターンについて
エントリーパターン(1)
エントリーパターン(2)
エントリーパターン(3)
 
第5章(利益確定やロスカットポイントを図解)
手仕舞いの重要性
利益確定のポイント
エントリーパターン(1)の利益確定方法
エントリーパターン(2)(3)の利益確定方法
ロスカットポイント
エントリーパターン(1)のロスカット方法
エントリーパターン(2)のロスカット方法
エントリーパターン(3)のロスカット方法
レンジの判断方法、対処
 
第6章(トレンドの転換タイミングを図解)
一時間足ツチノコを利用したトレンド転換予測方法
レンジの判断と対処方法
 
第7章(補足、追加コーナー)
補助的テクニカル
手法の補足
 
最終章(心理面やトレード後に必ずやるべきことを解説)
FX業者の裏側
よくある質問(チャート編)
よくある質問(手法編)
最後に(メンタル、必ずやるべきこと等)
 
・・・とかなりのボリュームです。
 
ではスキャルマスターは本当に優位性のあるロジックなのか?
詳しく検証してみましょう
 

 

FXスキャルマスターは損小利大のトレンドフォロー型のロジックです

FXスキャルマスターはFX商材でもかなりロングランな商材です。

内容は読んで如くスキャルピング系の手法になります。

 

通常のスキャル系の手法の場合、10~20pipsくらいを目安に利食いを行いますが

このFXスキャルマスターに関しては30~40pipsくらいを目安にしていきます

順張り型のトレンドフォロー系であるため、

相場によっては1度のエントリーで大きな利益を狙うことも十分可能です

 

損切りについて

スキャルマスターFXの損切り幅10~20pipsを目安に置きます

 

損切りのルールもかなり徹底しています
 

スキャルマスターで指摘されている損切りルールについては

一応それなりの理由があってのことであり、

この損切りルールさえ徹底していけば、

基本的に損は最小限に抑えることも十分可能です

 

トレードルールについて

5分足のオリジナル指標によりトレンドを確認し、

1分足の決められたエントリーポイントで仕掛けます。

システムに限りなく近い裁量トレード手法となります。

 

こちtらがスキャルマスターで使用するチャートです

スキャルマスターチャート

5分足の動きと1分足の動きを確認しながら

着実に利食い出来るポイントでエントリーしていきます。

 

スキャルピングはエントリー、決済のタイミングが勝負です

色と音でトレンドの発生を簡単に見分けることが可能です

 

トレンドというものは常に発生する可能性がありますが

FX初心者の方の場合、現在の相場がトレンドなのかどうか判断に迷う場合が多いでしょうが

重要なトレンドのサインを見逃がすこと無くトレンドに乗ることが可能です。

 

 

エントリーは以下の3パターンあります。
 
(1)トレンドの小さな押し(戻り)を狙うエントリー

(2)上トレンドの普通の押し(戻り)を狙うエントリー

(3)トレンドの大きなの押し(戻り)を狙うエントリー

 

基本的に上記の3つの戻りパターンを中心にエントリーしていきます。

スキャルの場合、戻りを狙うとかなり高勝率なので

徹底した”戻り狙い”が高勝率の秘訣です

 

 

狙う利幅は1)、2)、3)の順に大きくなります。
 
は独特とはいえ各テクニカル指標の基本に乗っとった判断基準であり、
 
オーソドックスな順張り系の王道ロジックですね。
 
 
【総合評価】 90点
 
1~3章まではFXテクニカルの基礎が詳しく書いてありますので
初心者の方でもスムーズに実践することが可能です。
 
ただ、トレンドフォローロジックであるため、
当然トレンド相場限定でしかエントリーチャンスがありません。
 
スキャルピングの場合は1トレードで狙う値幅は小さいので
エントリーチャンスはとても重要になりますが、
 
ここは上手くトレンドに乗り切ることで利幅を伸ばして行くと良いでしょう。
通貨ペア、によっては1度で大きな利食いも十分可能です
 
 
スキャルマスターのロジックはかなりシンプルでありますが
かなり優位性の高いロジックです。
 
FX初心者の方であっても十分実践可能なレベルです
 

⇒販売ページを見てみる