指標スキャルを極めるには?

指標スキャルとは?

経済指標発表後は、相場が大きく前後したりします。

指標発表で一番注目度が高いのが米雇用統計。米粉用時計の場合70~120pips前後動く場合もあります

 

このように指標発表後の値動きのリズムを利用して利食いすること

指標スキャルと呼ばれています。

指標スキャルのメリットは何と言っても

早ければ数分で大きな利益を狙えること。

ロットが高い程利益率も高くなります。

 

但し、指標スキャルは通常のブレイクアウトなどとは異なり

発表の内容によって相場の値動きは様々。

一概に上昇・暴落するとは限りません

発表の内容によっては様々な値動きになります。

 

一般的な指標発表後の相場の値動きとして以下のようなパターンがあります▼

発表後一気に上下しその後再び元の価格に戻ろうとする

発表後一気に上下しその後レンジへ突入

激しく上下を繰り返す

 

この他にも様々なパターンがございますので一概には言えません。

ただ、為替は一方方向へ動き出すという習性がありますので

指標発表も決して例外ではございません。

 

発表後為替の動きを上手く捉えることが出来れば

指標スキャルを極めることも十分可能です。

 

中には指標スキャルのみに集中するトレーダーもいるくらいです。

日々の重要指標カレンダーを確認する必要はありますが

好きな人のとっては堪らない相場です

 

ではどのようにして指標スキャルを極めるのか?

そこでこんな情報があります

>>鉄板指標マスターFXで指標を一気に狙い撃ち

 

この鉄板指標マスターFXは発表後の値動きを

このような感じで掴んでいくことが可能

下落相場もしっかりキャッチ

 

 

指標発表直後のあらゆる動きに対応しています

コツはいかに投資家の心理状態を掴むかが指標スキャルの極みです

 

一般的にこういった予測不可能な相場は大荒れ相場と呼ばれ

トレードを控えるべきとされていますが

ある意味最も美味しい相場を見逃しているようなものです。

 

もし興味がございましたら是否ご覧下さい

>>指標攻略で80pips一気に狙い撃ち??

 

参考記事

鉄板指標マスターFXで指標の値動きを攻略

http://yumebakuro.biz/?p=5890

 

タグ

毎月100万以上稼ぐトレーダー続出! プロ直伝!高速スキャルピング手法テクニック



レンジとトレンドの境目を簡単に把握し、短時間で往復して何度も相場から利益もぎ取っていく高速スキャルピングとは?
▼まずは動画でチェック!!▼

このページの先頭へ